伊勢神宮と神々の美術


| 伊勢神宮 | 神々の美術 | 東京国立博物館 | 参考情報 |

HOME


伊勢神宮

内宮(皇大神宮)


■伊勢神宮


 天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする皇大神宮(内宮:ないくう)と

 豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする豊受け大神宮(外宮:げくう)、


 またこの両宮に所属するあわせて125の宮社からなるそうです。



■式年遷宮(しきねんせんぐう)


 神宮では20年に一度の定められた年に向け、

 社殿を新しいく調え、ご神体を遷すそうです。



 およそ1300年前から始まるこの制度を式年遷宮といい、

 内宮・外宮の正宮(しゅうぐう)にはじまり、

 14の別宮すべてのお宮で遷宮が行われるそう。



 ちなみに次回の第62回式年遷宮は、平成25年に行われるそうです。



○日本人の神々を祀る伊勢神宮


トップに戻る



伊勢神宮と神々の美術

内宮(皇大神宮)



上の案内板の絵画は、現存する4点の「伊勢参詣曼荼羅絵巻

(いせさんけいまんだらえまき)」のうちの一点だそう。





■展覧会の見どころ


 ●日本最古の歴史書「古事記」を写した最古の「古事記 中巻」


 ●伊勢神宮の宮司さんも仏教を信仰していた。

   「阿弥陀如来坐像」や「陶製経筒」など


 ●鎌倉時代の式年遷宮で奉納した織物

   着物は痛みやすく、残っているものが少なく、とてもレアものだそう。


 ●神社の神様の姿

   神社には神像があるそう



○三大三景 安芸の宮島「厳島神社」



トップに戻る



東京国立博物館



1872年(明治5年)に創設された博物館。



国宝87件、重要文化財610件、

収蔵品の総数は11万件ともの凄い数があるそう。



○文化の森 上野恩賜公園

○迎賓館赤坂離宮に飾られている小磯良平氏の絵画


本館
重要文化財
表慶館
重要文化財
平成館
トップに戻る



参  考  情  報


○伊勢神宮

○東京国立博物館

○フリー百科事典 Wikipedia


トップに戻る

Copyright (C) 2009 MOON WATER All rights reserved